運営管理方法

  1. How to 駐車場トラブルのNo.1とは
    駐車場管理において、これまでに当社にご依頼頂いたオーナー様が最も気にするのはクレーム対応になります。

    クレームのNo.1は何といっても駐車場管理員。
    「言葉遣いが悪い」「タバコを吸いながら・・・」「あの横柄な態度は何だ!」などなど。。。
    施設も駐車場も、やはりクレームに繋がりやすいのは人間同士の対応部分です。

    当社の駐車場管理員は、出入りの待ち時間を減らす等の技術部分はもちろんですが、言葉遣いや対応、挨拶など、クレーム対応ではなく、クレーム発生を減らすことを心がけて教育しています。
    駐車場を気持ちよく利用出来ることで、施設の付加価値となれるよう励んでいます。

  2. How to 駐車場管理の経費
    駐車場管理の設備面ですが、大型駐車場等によると意外に経費がかかります。
    駐車場管理員、蛍光灯や照明、アスファルト整備、フェンス、事故による破損修復工事など。
    当社のプランニングでは、短期間では長期でお手伝いさせて頂くことで、最低限のコスト負担を実現しながらも、様々な諸経費を圧縮もしくは相殺することが可能になります。

  3. How to 駐車場を安全に運営するには
    無料開放型の駐車場では、近隣の無断駐車の巣になっていたり、廃棄車両の巣になっていたりするケースがあります。。

    こういったケースでお困りのオーナー様も多いかと思います。
    このような事態を防ぐには、「ちゃんと管理していますよ」という「目」が必要になります。

    駐車場管理員やメカニック・スタッフ、当社の担当者が常に行き来することでそういう輩も激減するのです。
    車両盗難などの悪質な犯罪に対しては24時間稼動の監視カメラも設置可能です。

  4. How to緊急のトラブル対応方法
    不特定多数の車が入出場する時間貸し駐車場や公共駐車場(病院・大型店舗含む)では、事故やトラブルに即座に対応できる管理員の配置が必要になります。

    当社管理員は緊急トラブルを速やかに対処できるよう教育されています。
    また管理員不在の駐車場は、24時間対応のコールセンターをご用意しています。

  5. How to 近隣の無断駐車をなくすには
    例えば、病院駐車場や店舗駐車場などお客様サービスの一環として駐車場を設けておりますが、意外に多いのは近隣の方々が勝手に駐車していることです。
    「近隣とトラブルは避けたい」ので、中々注意しにくいものです。

    このような場合は「無言の排除」が行えるようにプランニングを実施しています。
    本来利用すべき方にはサービス料金にて出庫いただき、その他の車両に関しては若干高めに設定した料金を徴収することで排除が可能です。
    金融機関やスーパーなどもこれにあたります。

  6. How to ランニングコストを圧縮させるには
    見えない経費・・・それは駐車場を管理することまで仕事になっていること。

    エムケイ24株式会社の駐車場経営プランニングでは、第一にお客様の経費削減策として、専門業者に一切を任せることをご提案しています。
    機器が古い、駐車場管理員費用が高い、保守メンテ契約料が高い、などなど目に見える経費は誰でも気がつきます。

    エムケイ24が重要視しているのは「見えない経費」です。

    例えば病院駐車場の場合、患者様のクレームの度に職員が駆けつけ対応におわれては、本来すべき仕事が手につかなくなるケースが多々あります。
    クレームゼロの実現、故障時の速やかな対処など、見えない経費を削減することで、施設の利用満足度向上へと繋げてまいります。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問合せページへ

お電話でのお問合せ

Copyright(c) 2010 mk24.jp All Rights Reserved.